受給手続の前に

イメージ画像イメージ画像

受給手続の前に、まず最初に知っておいてほしいことです(知らないことはリスクが大きいので最初に案内させて頂きました)。

詳しくはこちら

受給手続

イメージ画像イメージ画像

受給手続の流れと、そのときのポイントなどを紹介しています。このサイトの軸になるページでもあります。

詳しくはこちら

人材育成

イメージ画像イメージ画像

従業員の成長(人材育成)について、そしてこの助成金の狙いについて紹介しています。

詳しくはこちら

人材開発支援助成金のパックの紹介

人材開発支援助成金の費用が無料

パックの内容

⑴パック共通のお願い事項

①横浜市内の会社さま限定

仕事をされている場所、労務関係の書類のある場所が横浜市内の会社さまに限定させて頂いています。

⑵労働・社会保険の新規加入 ¥64,800-(消費税込みです)

①労働保険(労災保険、雇用保険)・社会保険(健康保険、厚生年金保険)の新規加入に必要な書類の作成及び提出

・被保険者(加入する人)は3名までです
・助成金の受給可否にかかわらず本費用は発生いたします。よろしくお願いいたします

詳しくはこちら 労働保険についてクリックのイメージ
詳しくはこちら 社会保険についてクリックのイメージ

⑶人材開発支援助成金の申請に必要な書類の作成及び提出  ¥0-(無料サービス)

①無料サービスの対象

・対象は、Off-JTのみの訓練としています(OJTと Off-JTを組み合わせた訓練及び制度導入関連は対象外(※))
・対象となる講座・研修等は1つです
・対象者は3名までです

※補足説明
・Off-JTとは、通常の業務を離れて行う職業訓練のことをいいます。
・OJTとは、適格な指導者の指導の下(常時指導者がつく体制の下)、従業員に仕事をさせながら行う職業訓練のことをいいます。
・制度導入関連とは、キャリア形成支援制度導入コース、職業能力検定制度導入コースのいずれかの人材育成制度を新たに導入し、その制度に基づき被保険者に実施した場合に、一定額を助成する制度のことをいいます。

②受給額の参考

・講座・研修等の名称:ITスキル取得のための技術者養成研修(研修費用64,800円)
・研修時間:30時間(30時間×1名)
・コース名:この講座・研修等を「特定訓練コース 若年人材育成訓練」と労働局が認定

・このように仮定したときの受給額は・・・

賃金助成 30時間×760円=22,800円
経費助成 64,800円×45%=29,160円
受給額合計        51,960円

③この助成金の魅力

この助成金の多くは、一度受給するまで経験すれば、二度目以降、社労士に依頼せずとも、社内で進めやすい点が、魅力の一つといえます(二度目以降は、一度目の提出書類と違う所を変更していけば基本的にOK。もし不明点等生じても、労働局に電話することで大抵は解決。創業時など、訓練する人数も少なく助成額が5万円程度にしかならないこともあり、なかなか社労士に依頼するにも話が進まないものです)。

④助成金に関してお願いしていること

この助成金の受給するための要件(条件)は厳しくない方だと思います。それでも、要件を満たせず受給できないことが起こります。時間を見つけ、このサイトで紹介している内容などに目を通し、この助成金の理解を深めてください。

このサイトはどこが運営? クリックのイメージ )

サポート

横浜をサポートしています!

スクーピー君(右のスクーター)のお陰で広い横浜を、渋滞知らず、フットワークスクーターのイメージよくサポートしています!

◦地元、横浜市保土ヶ谷区はもとより、
西区、中区、南区はご近所さんです。港南区、磯子区、神奈川区、港北区も、30分ほどでお伺いさせてもらってます。
◦雪や雷のときは、さすがにスクーピー君にのることはあきらめ。スクーピー君には、ゆっくり休んでもらってます。

お問い合わせ

たかはし事務所
電話のイメージ1

メールのアドレス